日本森林技術協会

木質バイオマス活用推進情報館

木質バイオマス活用推進情報館

地域内エコシステム検討状況マップ(R3更新版)

 地域内エコシステムプロセスリストを実施することで、地域の取り組み状況の確認・把握や振り返り等を行うことができます。この実施した結果を可視化したものが図1に示す地域内エコシステム検討状況マップです。
 検討状況マップの活用例は図1に示すように、例えば、地域で取り組みを始める際のスタートライン(立ち位置)の確認や取り組み最中の進捗状況の確認、取り組みが終了(または年度の繰り越し)した際の振り返りに活用できると考えています。
 検討状況マップは、プロセスリストのチェック項目(ステップ1~3)をチェックして算出される総数を使用し、マッピングすることで可視化することができ、各項目の総数を縦軸(Y軸)「木質バイオマスの燃料供給の整備」、横軸(X軸)「木質バイオマスエネルギーの導入」、円の大きさ「合意形成の促進」で落とし込んでいます。

図1 地域内エコシステム検討状況マップ(暫定版)の活用例
図1 地域内エコシステム検討状況マップ(R3更新版)の活用例

地域内エコシステム検討状況マップのエリア分け

 地域内エコシステム検討状況マップは、図2に示す6つのエリアに分けることができ、エリアの意味合いは下記のとおりです。
 自身の地域がどのエリアなのか確認し、立ち位置を把握しましょう。また、自分たちの地域がどこに位置するかを見極めながら取り組みを進めていきましょう。

図2 地域内エコシステム検討状況マップのエリア分け
図2 地域内エコシステム検討状況マップのエリア分け

地域内エコシステム検討状況マップの軌跡の意味とは何か(参考)

 地域内エコシステム検討状況マップにより地域の立ち位置を確認することができます。立ち位置を何度か(例えば、取り組みの前後)確認することで、自身の地域がどのような軌跡をたどり、何を意味するのかを振り返ることが可能です。
 検討状況マップの軌跡は、おおよそ3パターンに分けられると考えられます。自身の地域の軌跡がどのような意味を持つのかを把握しながら取り組みを進めていきましょう。
 検討状況マップの軌跡の詳細は、令和3年度リーフレット(近日公開予定)をご覧ください。

地域内エコシステム
・検討状況マップの図

つまづきやすい点とその対応策

 過年度(令和2年度)にとりまとめたリーフレット「地域内エコシステム導入の手引き」やパンフレット「地域内エコシステムの構築に向けたプロセスリスト・検討状況マップ」では、これまで支援してきた地域の結果を整理し、事業を検討する段階でつまずきやすい点とその対応策をまとめています。地域での取り組みを進める際の参考にして下さい。詳細は、上述した過年度のリーフレット、パンフレットをご覧ください。 ▶過年度リーフレット・パンフレットはこちらから

つまづきやすい点:採算性が悪い 対応策
川上

燃料用材の搬出コストが高い

  • 搬出方法や採材方法の見直し
  • 製材端材や支障木等、安価な燃料用材の調達の検討
川中

製造機器の投資回収ができない

  • 中長期的な製造量の拡大と現時点の投資的位置づけを明確にする
  • 近隣地域の既存設備のシェアや製造委託を検討する
川下

利用機器の投資回収ができない

  • 燃料が高い
  • 初期投資が高い
  • 熱需要が小さく効果が得られにくい
  • 安価な燃料や製造元の再検討
  • 投資可能な予算を基準にコスト低減化の工夫を行う
  • 導入対象施設の再検討
つまづきやすい点:実施主体がいない 対応策
川上

搬出できる人がいない

  • 近隣地域からの燃料用材の調達も検討(あわせて人材育成も実施)
川中

燃料製造設備がない

  • 近隣地域の既存設備のシェアや製造委託を検討
川下

適切な導入対象施設がない

  • 導入を希望する施設がない
  • エネルギー需要が小さい
  • 施設の運用者の理解が得られない
  • 公共施設のみでなく民間施設にも幅を広げて探索、働きかけを行う
  • 地域を巻き込んだ報告会等を開催。共感者を探索
  • 導入段階から施設運用者を巻き込む。運用者のニーズや要望を予め把握し、設計や運用計画に反映する
つまづきやすい点:意思決定されない 対応策
川上

導入意義が理解されない

  • 取り組みの目的と事業がもたらす効果を明確にする
  • 地域全体にとってのメリットを共有する
  • 先進地視察や勉強会により地域が目指す方向性の共通認識を持つ
  • 適宜適切なタイミングでの報告・情報共有
川中

導入対象施設の統廃合、売却等の利用方針が不明

  • 公共施設の施設運用方針、計画との整合をとり対象施設を決定する
川下

地元の石油販売企業への配慮

  • 燃料の流通を担う主体として巻き込む
Top