日本森林技術協会

木質バイオマス活用推進情報館

木質バイオマス活用推進情報館

地域内エコシステムプロセスリスト(R3更新版)

 地域内エコシステムの構築に向けて、木質バイオマスエネルギーの導入に際する地域の立ち位置や課題等の協議・検討すべき事項を、地域の方々が自身で整理できるチェックリストです。
 令和2(2020)年度林野庁補助事業「地域内エコシステム」モデル構築事業において、過年度の採択地域の事業成果(平成29(2017)~令和2(2020)年度)に基づき暫定版を作成し、令和3(2021)年度事業においてR3更新版を作成しました。
 プロセスリストは、表1に示すようにソフト的な課題を抽出する「合意形成の促進」とハード的な課題を抽出する「木質バイオマスの燃料供給の整備」、「木質バイオマスエネルギーの導入」の3つから成り立っています。また、図1に示す流れのようにプロセスリストを活用することで、各段階(ソフトまたハード)における取り組み状況を確認・把握することが可能です。さらに、本プロセスリストは数値化することができるため、これにより地域の進捗状況を可視化(図化=検討状況マップ)することができます。

表1 プロセスリストの成り立ち
ソフト的な課題 合意形成の促進
  • 合意形成の促進状況(事業への理解度)
  • 実施主体の有無
  • 事業計画の策定有無(地域が目指す方向性)
ハード的な課題 木質バイオマスの燃料供給の整備
  • 燃料用材の供給の実施状況(素材搬出の仕組み)
  • 燃料製造の実施状況(燃料製造設備)
木質バイオマスエネルギーの導入
  • 木質バイオマスエネルギーの利用状況
    (木質バイオマスボイラーの導入の可能性)
図1 プロセスリストの活用の手順
図1 プロセスリストの活用の手順

 地域内エコシステムプロセスリストは表2になります。
 プロセスリストのチェック項目はステップ1~3の欄を設けています。これをステップ1は1点、ステップ2は2点、ステップ3は3点と得点をつけ、各項目で総数を算出すれば数値化することができます。

表2 地域内エコシステムプロセスリスト(暫定版)
表2 地域内エコシステムプロセスリスト(暫定版)
Top